04/09/2004

「宇宙人に誘拐される街」トップ40発表

aliens.jpgイギリスのUFO研究家が、『イギリス国内で、どこに行けば一番宇宙人に誘拐されやすいか』という研究をし、そのトップ40の場所(拡大地図は英文記事内にあります)を発表した。

この研究家はすべてのUFO目撃情報と、エイリアン(宇宙人)との遭遇情報を収集し、分析を行った。結果、イギリス国内で最も宇宙人に遭遇、または誘拐されやすい場所はラナークシャー州のボニーブリッジ市であると結論した。また第2位には南部のクレイ・ヒル市であるとしている。ボニーブリッジ、クレイヒルは、どちらも郊外の田舎町だが、都市部の町もトップ10に入っている。現在ではエイリアンやUFOは都会でも、田舎でもよく目撃されているという事だ。

この分析を発表したUFO研究家ニック・ポープさんは、「まだまだ、噂になっているだけの目撃情報も調査しなければならない。それに、こういったUFO関係の情報を持っていても、どこに報告してよいか分からない人達の情報もある。そういった埋もれた情報を統計しなければ正確なランキングは完成しない。しかし、今回発表したトップ40の場所は、間違いなくエイリアン達が活発に活動している地域であることは間違いない。」と話している。

現在までに、イギリスでは約4万人、アメリカでは約400万人が地球外生命体(エイリアン・宇宙人)に誘拐されたと言われている。

すごいトップ40ですね。イギリスのニュースって冗談と、本気の境目が見分けにくいです。でもこの発表はすごくマジメなんでしょうね。

【英文記事】Alien abduction hotspots

| | Comments (282) | TrackBack (3)

04/01/2004

未放送トリビアネタが米紙に掲載

hehbutton.jpgフジの人気バラエティー番組、「トリビアの泉」で4月中に放送される予定のネタが早くもアメリカの新聞に掲載されていました。未放送なネタなのですが、公開させていただきます。

多分トリビアの内容は、「アメリカのユタ州では、選挙で立候補者の得票数が同数だった場合、サイコロで一番大きな数を出した人を町長とする。」・・みたいな感じだと思います。いつもトリビアを実践するVTRが番組では流れますが、記事によると、実際にフジテレビのスタッフがユタ州で再現フィルムを撮影したようです。

やり方はいたって簡単で、2つのサイコロを振って、合計数が多い方を町長とするルール。町長選で同数の票を得たマーク・アレンさん(現職町長)とロバート・ガーサイドさんは、スタッフに「ホントに真面目な顔でやってください。」と頼まれて、用意された約60センチのサイコロ2つを振って当時の様子を再現した。

実際(ホント)の町長選は昨年11月の事だったが、その時の結果はアレンさんが4と1を出して5。ガーサイドさんは2と2で4。結果、アレンさんが勝利。3期目の町長の任に就くことになった。

今回の再現フィルムではアレンさんが6と4で10。ガーサイドさんは1と1で2となった。この結果にガーサイドさんは「また負けちゃったよ。」と失笑した。

思いっきりネタバレですね。実際の町長を出演させたのだから、記事にもなってしまうでしょう。このネタを投稿された方、採用決定したって事ですね。おめでとうございます。さて、このトリビアは「何へぇ」でしょう。放送が楽しみです。

【追記】
4月14日にこのトリビアが放送されました。結果はこちら

【英文記事】Utah town's mayoral bids earn Japanese TV spots
【参考サイト】フジテレビ トリビアの泉

| | Comments (869) | TrackBack (3)

03/29/2004

米マクドナルドが音楽配信サービス開始か?

mcds.jpgアメリカのマクドナルドとソニーが協力して、無料??音楽配信サービス行う計画をしている事が明らかになった。

報道機関への正式発表はまだとの事だが、両者は現在ファーストフード店でこのようなサービスを行って本当にお互いの利潤を得られるかどうかについて検討、交渉を進めている。米マクドナルド社はアメリカ国内だけで、100ミリオン(1億)曲がダウンロードされると予測し、ソニーに曲の買取価格の値下げを期待している。

一方、ソニーは無料ではなく、1曲99セントでマクドナルドで販売したい方針。不法な音楽配信サイトにより奪われたマーケット(市場)を取り戻す考えだ。

米マクドナルド社の意図は記事によると以下の通り。フリーダウンロードサービスと銘打っていても実際は『ある特定のメニュー』を購入した人だけが無料??でダウンロードできるシステムなので、結局のところ、全く無料ではない。つまりマクドナルド側のポイントは、安くソニーから曲を購入しておいて、自店でハンバーガーを購入してもらい、最大限のもうけを取るという方針にある。

ソニーとマクドナルドの方針がちょっと違うため、まだ合意には至っていない。また、このサービスが決定した場合、スーパーボールでジャネット・ジャクソンの服を引き裂いたジャスティン・ティンバーレイクをCMで起用する計画だとか。

米スターバックスも始めた音楽配信サービス。気になるのはやっぱり値段。消費者としては同じクオリティなら安い方がうれしいわけですが、スタバとマクドナルドの値段を比較してみました。

マクドナルドはソニーとの合意もまだで未定ですが、一応予測という事で・・。
ちなみに日本でこのサービスを行うかどうかは未定。

●スターバックスの場合●

最低5曲からダウンロード可能。お値段$6.99(約770円)。別にコーヒー(一杯$4)を絶対買う必要はない。ちなみにコーヒーを頼むと、ダウンロードサービスとあわせて合計で$10.99(約1200円)となり、アメリカ国内では「高すぎる!!」と批判の声があがっている。

●マクドナルドの場合●

(ソニーの主張が採用された場合)ハンバーガー買う必要なし。1曲からダウンロード可能でお値段99セントを予定。

(マクドナルドの主張が採用された場合)マクドナルドで特定のメニュー(値段未定)を購入すれば、無料で曲をダウンロード可能。何曲まで無料なのかはまだ発表されていません。

マクドナルドで「買わなければいけないメニュー」がいくらなのかが気になります。スターバックスに対抗するとなると、このメニューは$6.99より安くなければ意味が無いですよね。一番安上がりなのはやっぱりソニーの案でしょうか。マクドナルドに入って、1曲99セント(約100円)でダウンロードできるっていうシステムは魅力的です。

マクドナルドとソニーのプランは先週中になんらかの発表がある予定でしたが、何もなかったのでモメているのかもしれません。是非とも日本に欲しいサービスです。特にマクドナルドのソニープランで・・。

【英文記事】Music with your burger?
【こちらもどうぞ】スターバックスの新サービス
【こちらもどうぞ2】ジャスティン・ティンバーレイクのジャネットポロリ事件

| | Comments (79) | TrackBack (3)

03/27/2004

ハリーポッターの大人版

harry01.jpg日本でも第5巻の予約が始まっている人気シリーズのハリーポッター。最新巻「ハリーポッターと不死鳥の騎士団(日本語版)」は9月の発売予定です。もちろん著者の母国イギリスでは昨年にとっくに発売されているので、アマゾンなどで英語版を手に入れて、必死に先取りして読んだ人もいると思います。なんたって、作者のJ.Kローリングさんが「重要な人物が死ぬ」とか、「今回は書いている最中に涙が出て、書けなくなってしまったこともあったわ。」と、ファンにとっては気になる噂が多いですよね。

スコットランドの情報サイトによると、イギリスでは「ハリーポッターのアダルト表紙版(ハードカバー)」がこの夏に発売されるとか。出版社の狙いは『子供向けの表紙ばっかりだったので、大人でも手にとりやすいデザインに変更することにより、新たな大人の読者層を開拓するのが狙い』との事。ちなみに上の黄色い表紙が子供バージョンです。

harry02.jpg
大人バージョン(右の写真)の日本での発売はまずないと思うのですが、確かに写真を見ると大人カバーの方は、フェニックスがなんかものすごく強そうに見えます。もしこのデザインで日本で発売されたら、通勤電車でおじさん達が読むようになるのかな。ちなみに、文章については子供版も大人版も一緒との事。内容の変更も一切ないそうです。

情報として、イギリスでのハリーポッターシリーズの人気ランキングは以下の通りです。
第1位 アズカバンの囚人
第2位 不死鳥の騎士団(日本語版9月発売予定・最新刊)
第3位 炎のゴブレット

【英文記事】Harry Potter and the adult market
【参考サイト】 Harry Potter Official Site

| | Comments (77) | TrackBack (2)

03/11/2004

お酒メーカーのサイトが若者に大人気in America

どうして若者に人気なんだろうと記事を読むと、お酒メーカーの公式サイトに無料で遊べるゲームが設置してあるからだとか。お酒は21歳にならないとアメリカでは購入できない。なので、お酒関係のサイトには年齢確認をするために生年月日を入力してからでないと入れないようになっている。試しにいくつかのサイトで、適当に入力したら何の認証もなく、メインサイトに入る事ができてしまった。

さてさて、とりあえずはBudweiser(バドワイザー)のサイトに行ってみた。生年月日を入力したらメニューが現れて、ゲームのコーナーを発見。なんと、登録者全員で遊べるオンラインレーシングゲームがっ!!

budgame01.jpg
Budweiser.com

これは楽しい。夜な夜なアメリカのティーン達がお酒サイトに集結してくるのもうなずける。しかもランキングが付くので毎日遊んでしまいそうだ。

では、日本のサイトはどうなんだろう??
確認のため、日本のバドワイザーのサイトに行ってみた。
やはり簡単な年齢確認があり、メインサイトへ入場。
そしてありました・・ゲームがっ!!!
"On Sport"のコーナーにストライクアウトのゲームが
たった一種類だけあります。

budgame02.jpg

Budweiser Japan

いまいちアメリカサイトに比べると盛り上がりに欠けてます。
本家本元には勝てませんね、やっぱり。

「未成年がお酒サイトに没頭しているのはいかがなものか」と
アメリカでは新聞記事になってますが、ゲームは面白い。

さて、今からアメリカティーンとレースしてくるかな。
もちろん日本代表として。
ハンドルネームは "Hinotama Boy" しかないでしょう。

LOCAL 6.COM

| | Comments (76) | TrackBack (1)

03/06/2004

マクドナルドで一億円

アメリカのマクドナルドで合計15ミリオン、約15億円が当たるイベントが開催されている。日本ではないだろうけど、一応紹介。

抽選期間はこの金曜日、土曜日、日曜日の三日間限り!!

どんな風に決まるのかと言うと、

コンピューターがランダムにアメリカ全土にある
マクドナルドの店から5店舗をピックアップ
          ↓
そのそれぞれの店にまたもやランダムに抽選曜日を設定する。
          ↓
選ばれた店に、選ばれた曜日に最初に来店したアナタ!!
(ドライブスルーでもOK)
          ↓
無条件に約一億円を手にすることができるのです。
年間約550万円が毎年、この先20年に渡って支払われます。

こんなチャンスが週末三日間、
つまり合計15億円分(15人)あるのですっ(●^o^●)
日本のマックでは考えられないイベントですねぇ。
今すぐ行きたいなぁ、アメリカ..(-,-) ボソッ

NBC NEWS from South Florida

| | Comments (137) | TrackBack (0)