« March 2004 | Main | May 2004 »

04/30/2004

母親の死体とドライブする女性

car040430.jpgある女性が腐敗している母親の死体を乗せたまま車でオクラホマ州からテキサス、ノースカロライナを経由してフロリダ州までドライブをしていたことが判明した。

フロリダ州のウォルマートに買い物に来ていた客から、駐車場に停まっている車からひどい悪臭がするとの通報を受け、警察官が調べたところ、車内に腐敗した女性の死体を発見した。車内の死体はメルバ・ドシャーズさん、死因は自然死で、死後少なくとも5日は経過していることが分かった。

車を運転していたのは、ドシャーズさんの娘であるアリシアさん(30代半ば)で、現在精神科に通院をしているとのこと。その日、彼女がウォルマートの駐車場に車を停めて、店内に向かうところを監視カメラがしっかりと捉えており、このフィルムにより、店にやってきたのは13時間前と判明した。

担当した警察官デビット・オブライアンさんは、店でカートに一杯の食料品、子供の服、その他たくさんの商品を入れて買い物しているアリシアさんを発見し、身柄を拘束したと話す。また、車の中にはたくさんの雑誌や新聞紙が散乱しており、そのゴミで母親の死体を隠していたとのこと。あまりの悪臭と腐敗の状態から、オブライアンさんは「死後10日は経っているのでは・・」と話している。

その後の調べで、数週間前に2人はオクラホマの家から立ち退きをさせられていた事がわかり、行く場所のない親子は車であてもなく走ったのではと推測されている。また、アリシアさんはフロリダ州法によりドクターストップのない限り、72時間は警察に拘束されることになっているが、彼女は何の犯罪も犯していないので、すぐに釈放されるだろうとのこと。

なんともショッキングな事件です。

【英文記事】Okla. Woman Drove To Fla. With Dead Mom In Car

| | Comments (170) | TrackBack (3)

04/29/2004

裸でサイクリング推進団体

naked040429.jpgアムステルダムにて、市の許可を得られていないにもかかわらず、裸主義者の団体が裸で自転車に乗って街を走るイベントを6月に企画している。

”世界裸自転車ライド”と呼ばれるこのイベントは、裸主義を主張する人々が世界中で決められた日に、その名のとおり町中を素っ裸で自転車に乗り、走り回るというもの。その目的は『人間の体が持っている個性と、パワーを祝福するため』だという。

市はこの団体に対して、イベントの許可を出していない。この事実に関して裸自転車団体のスポークスマンは、「例えば30人の子供達が外で自転車に乗りたいと言っているのに、先生はわざわざ市に対して申請する必要はないでしょう。それと同じ事ですよ。それに、私達、裸自転車推進団体には代表者もいなければ、中央決定機関もないのです。だから、誰も他の人がする事を抑制したりできないのです。つまり、個人個人が勝手に裸で自転車に乗りたくてやっている事なのです。合言葉は、勇気を出して素っ裸になろう!!です。」と話している。

現在、この団体のホームページには参加申請コーナーがあり、すでに40名が参加する意思表示をしている。もし計画通りに進めば、6月12日の世界裸自転車デーにアメリカ、イギリス、ドイツ、ベルギー、スペイン、ニュージーランドの街中を素っ裸のサイクリスト達が颯爽と走り回ることになる。

この日は子供は家から出してもらえないでしょう。写真はモロだったので修正しました・・。

【英文記事】Naked bikers to shun cover of legal permit
【参考サイト】World Naked Bike Ride(裸自転車団体サイト)
【参考サイト】WNBR (参加表明フォーム・18禁)

| | Comments (229) | TrackBack (3)

04/28/2004

自分の皮膚で拳銃のオブジェ製作

mdf040428.jpgドイツの女性芸術家が自分の皮膚を剥ぎ取って拳銃のオブジェを製作し、来月開かれるアムステルダムのアートショーにそれを出展すると発表した。

この不気味な作品を制作したジョアニク・ミースターさん(38歳)は、「このピストルは近代社会での暴力を表現したくて作ったの。それに、人間の皮膚を使用したことにより、拳銃が人間の体に与える被害も結び付けて表現したかった。」と話している。

製作にあたり、ミースターさんは手術で腹部の皮膚を縦4cm、横20cmのサイズで切り取ったという。次に、その皮膚を伸ばしてプラスチック製やファイバー製の型に糸で縫い合わせ、ピストルの形を作り上げた。約1時間で完成したが、途中で皮膚を繋いだ箇所が徐々に乾燥し始めて固くなってきたらしく、血痕も凝固して付着しているようだ。彼女は今までに豚の皮や、鳥の皮でもオブジェを製作した事があったが、人間の皮膚は初めてだと話している。

彼女は「人間の皮の固さは、豚と鳥のちょうど中間くらい。」と表現している。更に記者に対して、「もし皆が自分の皮膚で拳銃を作ったら、銃への関心は2倍に膨らむと思う。そして、すこしは暴力のない世界になると信じています。でも、簡単な事ではないですよね・・暴力は常に存在しているものだから。」と話した。

多分、展示会では閲覧に年齢制限がかけられるだろうとの事。

【英文記事】Artist Says She Made Pistol Out of Own Skin

| | Comments (92) | TrackBack (3)

04/27/2004

携帯電話振ったら逮捕された

cell040427.jpgペンシルバニア州立大学の学生、デレック・ローバックさん(18歳)は、携帯電話を使ってパーティーの参加者を恐怖に陥れたとして現在罪に問われている。

ローバックさんはパーティー会場で、腰のベルトホルスターから携帯電話を取り、頭上に持ち上げて親戚であるブラッドリーさん(同じく大学生)に手を振るかのように、おーいと振って見せた。それを見て驚いたパーティー参加者の一人が警察に、「助けて。男がパーティー会場でピストルを振り回しています。」と通報をしてしまった。落ち着いて見ればすぐ分かる事だが、テロリストが来た!!と、会場は大混乱になってしまった。

通報を受け駆けつけた警官、ダナ・レオナルドさんは、「屋外でのパーティーで、しかも夜だったので明かりも十分ではなく、よく見えなかったのだと思います。とてもたくさんの人がいて、彼らと同じように警官である私達も、ローバックさんが、拳銃を持って振り回していると思いました。」と話している。

結局、ローバックさんはテロリストへの警戒が強まっている状況で紛らわしい行為をしたと、脅迫行為の罪に問われる事になった。また、ブラッドリーさんをテロリストの仲間だと思い、勇敢にも彼を殴り飛ばしたジョシュア・ファンネルさん(20歳・大学生)も”軽い暴行罪”の罪に問われている。

テロへの警戒が強い今日、ちょっと紛らわしい行為だったのかも。でもまさか手を振っただけで・・・悲惨です。

【英文記事】Phone Mistaken For Gun During Fight

| | Comments (135) | TrackBack (7)

04/26/2004

しゃべるクレジットカード

card040426.jpgカード詐欺をできる限り減らすため、持ち主の声を認識するクレジットカードの開発が進んでいる。

カードに埋め込める極小サイズの音声認識チップの開発に成功した事により、カリフォルニア州サンタモニカで、このチップを埋め込んだプロトタイプの”しゃべるクレジットカード”が製作されたとニューサイエンティストマガジンは報じている。今までは比較的大きな認識チップを使用して、携帯電話などで相手の電話番号を言えば自動的にダイヤルするという例はあった。

このしゃべるカードは、使用時に女性の声でパスワードを尋ねてくるので、持ち主の声で正しい番号を言わないと絶対に使用できないという優れもの。他人の声では正しい暗証番号を言ってもダメとの事。

今回の試作品は小型のマイク、スピーカー、バッテリー、音声認識チップを搭載している。大きさは普通のクレジットカード並みだが、厚さが一般的な物の約3倍あるという。科学者達は、更に小さいチップを開発し、将来的には現在のカードサイズと大きさも厚さも同じ物を目指すと話している。

現在は持ち主の声をかなりの高確率で正しく認識するとか・・100%でないと困りますね。プロトタイプは英語バージョンですが、きちんとアメリカアクセントで発音しないとだめなようです。

【英文記事】Credit card only works when spoken to

| | Comments (97) | TrackBack (6)

04/25/2004

ダイエット中カップル、食べ過ぎて店を追い出される

rb040425.jpgソルトレイクシティのレストラン”チャック・ア・ラマ”で、炭水化物を取らないダイエットをしていたカップルが、ローストビーフステーキを食べ過ぎて店を追い出された。もともとこの店は、ビュッフェスタイルのディナーが売りのレストランで、客は欲しいものを自由に皿に取って食事ができるはずだった。

イザベラ・レオータさん(女性・29歳)とスイ・アマーマさん(男性・26歳)は、最低週に2回はチャック・ア・ラマに$8.99(約990円)のディナービュッフェを食べに行っていた。事件はアマーマさんが12枚目、イザベラさんが6枚目のローストビーフを食べた時におこった。店のマネージャーが二人に対し、「あなた達はローストビーフをあまりにも食べ過ぎる。いいかげんにして出て行ってくれ。」と申し出たのである。

ch040425.jpg二人は「ビュッフェスタイルだから好きなだけ食べていいのでしょう?お金払ったじゃないか。」と抗議。マネージャーは出て行かない二人を見て警察を呼んだ。

イザベラさんは、「$8.99払ってるじゃないの。ビュッフェでしょ!!自由にお好きな物をお取り下さいって書いてあるじゃないの?全く不愉快だわ。お金返しなさいよ。」と、店に対する不満をぶちまけている。さらに「もう二度とあんな店行かないわ。最低。」と話している。

一方、マネージャーのヨハンソン氏の説明によると、ローストビーフは毎日12~14時間かけて仕込む大変手の込んだ料理で、チェーン店のチャック・ア・ラマでも、場所によっては一日1枚から5枚くらいしか出せない店もあるとの事。

マネージャーさんは、余程腹が立っていたみたいですね。ローストビーフはサンドウィッチに挟む、薄いペラペラなイメージだったのですが、このお店のはステーキみたいな分厚い肉のようです。

【英文記事】No-Carb Eating Couple Booted From Buffet

| | Comments (106) | TrackBack (10)

04/24/2004

アダルトビデオ万引き、目隠しで立たされる少年

1040424.jpgオハイオ州、ペインズビルにてアダルトビデオを万引きした高校生の少年が捕まり、罪を償うために目隠しをされてビデオを盗んだ店の前に4時間立たされる事になった。

ジェレミー・シャーウッド君は、あまり前例のない判決をする事で有名な裁判官であるマイケル・シコネッティさんより判決を言い渡された。最初は”執行猶予30日、懲役60日”、更に加えて”12ヶ月の保護観察処分と15時間の奉仕活動”という厳しい判決だった。

しかし最終的に先日、裁判官はシャーウッド君に『30日間の懲役、もしくは目隠しをして迷惑をかけたビデオ屋さんの前に4時間立って反省し、高校を卒業するかどちらかを選びなさい。』と、選択を促した。もちろん高校を卒業したい彼は立たされる方を選んだ。前例のないこの刑の執行は、土曜日の午前11時から午後3時までとなった。

ほんとにこんな判決、聞いたことないです。実名で、しかも時間まで指定で新聞に発表されているので、人だかりができそうです。日本ではありえない事ですね。

【英文記事】Teen must wear blindfold outside shop he stole from

| | Comments (126) | TrackBack (5)

04/23/2004

タイムマシン・デロリアンがeBayに登場

アメリカオークションサイトのeBayにて、映画Back To The Futureに登場したデロリアン(再現版)が出品されている。

82delorean09.JPG

●タイムマシン・デロリアンの再現版(以下出品者紹介文です)●

『バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場したタイムマシン、デロリアンを再現しました。こんなに正確に復刻されたマシンは今後、手に入らないと思います。製作を始める前に我々は約5年のリサーチを行いました。たくさんの写真を撮ったり、データを集めたり、それに当時の映画で使用されたデロリアンを製作していた人物にも会って、いろんな意見をもらったりしました。
私の知る限りでは、タイムマシン・デロリアンは映画の撮影時、3台製作されました。その内1台はスクラップにされ、残りの2台は現在もスタジオ(製作会社)が所有しています。イベントなどでデロリアンが展示されているのを見ますが、それはあくまで展示用で、実際に走行することはできません。
今回の再現版を製作するにあたり、私達は大変状態の良いデロリアンの中古車を使用しました。ですから、展示用とは違い、実際に走行することもできます。この車で走れば、間違いなく町中の注目の的になるでしょう。』

なつかしいですね、デロリアン。確かすごく高い車だったと思います。残り時間約1週間で、現在$35,000(約380万)です。もっと上がりそう・・。

【追記】4/24 am1:00 紹介されていたeBayのページが削除されてました。調べてみたところ、出品者と製作者が違う人物で、商品紹介に使用された写真が、コピーライトのあるものを勝手に使用したものだからだとか。リンク先がinvalid itemで、消去されていますが、別のアドレスで再度出品されていて、入札もあるようです。あやしすぎるので、また削除されそうですが、一応、こちらです。

【英文記事】DeLorean : Gullwing Back to the Future - Time Machine Recreation
【参考サイト】DMC(DeLorean Motor Company) DMC−12:日本語サイト

| | Comments (131) | TrackBack (2)

04/22/2004

テロリストになっていた男

1040422.jpgアメリカ、カンザスシティーにて、ある若い男性が車を購入しようとしたところ、自分が間違ってテロリストと認識されていることが判明した。

ライアン・アレンさん(写真・19歳)は、町のディーラーで新車のシボレーキャバリエを購入しようとローン契約書等にサインをし、販売員に手渡した。ところが、待っても待っても販売員は戻ってこない。約1時間30分後、やっと戻ってきた販売員はライアンさんに、「あの・・イエメンに行かれたことありますか?」と、意味不明な質問をした。これは何かおかしいと時間がかかった理由を問い詰めたところ、彼が記入した社会保険番号がビンラディンの仲間のテロリストと一致したためだったと判った。

3040422.jpgライアンさんの社会保険番号と一致したのは、ラムジ・ビン・アルシブ(写真・右)という人物で、9月11日の同時多発テロにて飛行機でワールドトレードセンターに突っ込んだ男だった。

結局、ローンの許可も下りずに車も購入できなかったライアンさんは、何故こんなことになってしまったのか調べている最中だとか。「考えられる一つの理由は、僕の誕生日が9月11日だからかな。」と話している。

ライアンさんがテロリストでないのは明瞭なので、そのうち車も買えるでしょう。どう見ても同一人物とは思えません。

【英文記事】Man Trying To Buy Car Finds Out 9/11 Terrorist Took ID

| | Comments (95) | TrackBack (1)

04/21/2004

お腹の中にハサミを忘れる医者

XSYD1040421.jpg腸の一部摘出手術を受けた69歳の女性の腹部に、医者がハサミを忘れていた事が発覚した。この事件は手術から約3年後の今になってようやく世間の明るみに出た。

パット・スキンナーさんは、2001年の5月に腸の手術をシドニーのセントジョージ病院で受けたが、術後、痛みが収まらないので検査を申し出ていた。ただのレントゲン検査に18ヶ月も待たされたあげく、結果、写真には腹部に残るハサミがはっきりと写っていた。スキンナーさんは、「私はただ呆然としてしまった。スクリーンに映っているハサミを見て、信じられなかったし、これはただの悪夢だと思った。」と、当時の驚きを話している。結局、2002年10月にようやく腹部に置き忘れられていたハサミは摘出された。

病院側は、こんな失敗手術があったのにもかかわらず、この当時の手術チームに対して何の罰も与えていなかったと話した。

病院の最高責任者であるデビッド・ピアース氏は、「この様な手術はここ4年間で、40000件は行っている。今回のケースは今までに一度も無く、初めてのケースだ。」と話している。現在、裁判に向けて両サイドの弁護士が事態の把握と交渉を行っている所だとか。

有り得ないミスですね。どうやったらこんな目立つハサミを忘れてしまうのか理解に苦しみます。

【英文記事】Scissors Left in Woman After Surgery
【参考記事】ゲームしている医者は手術が上手

| | Comments (143) | TrackBack (0)

04/20/2004

ジョン・レノンの最期のサイン

lennon1040420.jpgジョン・レノンが最期に書いたサインがネット上で公開され、£180,000(約3500万円)で落札された。射殺される5時間前にレコードにサインしたのが最期と言われてきたが、今回公開されたものが事実上、”最期”と言えるのではないだろうか。

これは1980年12月8日、運命の日、まさに彼が撃たれる15分前に、レコーディングスタジオのスタッフだったラビア・セビノールさん(当時27歳)が、スタジオを出て行こうとするジョンに頼んで書いてもらったものである。この紙をラビアさんに手渡したジョン・レノンは、スタジオを出たところで熱狂的なファンの一人だったマーク・チャップマンに撃たれて(陰謀説もありますが)死亡した。この紙切れに書かれたサインが、間違いなく彼が生涯最期に書いたものだと考えられる。

ラビアさんは、その後誰にも知られずに何年間もベッドルームの壁に飾っておいたと言う。ところが、彼女の経営する馬の療養施設が倒産しそうになり、今回、公開し販売に踏み切ったとの事。彼女は「私はジョン・レノンをお金には替えたくない。けれど、私は思うのです・・彼はきっと私の馬を救いたいと言ってくれるに違いないと。」と、話している。

不明瞭なジョン・レノンの死・・いつになったら真実が明るみにでるのでしょうか。

【英文記事】Lennon's last note for sale
【参考サイト】momentsintime.com

| | Comments (119) | TrackBack (7)

04/19/2004

ボーイング727リムジン

capt1040419.jpgメキシコで、ボーイング727−100型の翼を取り払い、メルセデスベンツのシャーシーとディーゼルターボエンジンを搭載した”飛行機型リムジン”が登場した。

この飛行機型リムジンは50人乗りで、全長18m、高さ約4mで、最高速は200kmだとか。3時間使用する料金が$1000(約11万円)との事。内装はネオンライトで彩られ、オーディオ・ビデオシステムによってダンスパーティーも可能だ。この飛行機型リムジンを開発した、マーティンさんは「製作にものすごく苦労したんだよ。60人がかりで、3ヶ月もかかったんだ。」と話している。

30個の窓から見える景色は、白い雲ではなくアスファルト道路というわけだ。

普通にバスとして利用するには最高速200kmは速すぎますね。

【英文記事】Wingless plane to take flight on Mexican roads

| | Comments (157) | TrackBack (3)

04/18/2004

巨大牛ビッグレッド死亡

cow1040418.jpg世界で一番大きな牛と言われたBig Red(ビッグレッド)が先日、オウルカトラズ動物保護センター(ニュージーランド)で死亡した。

年齢14歳、体重2000kgのビッグレッドは映画に出演したり、印刷物(絵葉書など)に掲載されたりした人気者。そのため、この牛を一目見ようと保護センターにはこれまで15万人以上の人が訪れた。このセンターの経営協力者であるジャネット・キャンプベルさんは、「やれるだけの事はやってみました。けれど、とうとう彼の心臓が止まってしまったの。」と落胆を隠せない。

さらにジャネットさんは、「ビッグレッドがいなくなってしまったのは、私達にとって本当に大きな損失です。彼はこの動物保護センターのマスコットキャラだったので。それにビッグレッドに取って代わる大きな牛が、簡単に見つかるはずないもの。」と、これから見学者が激減してしまう事を心配している。

オウルカトラズの動物センターは、ニュージーランドのパーマストンノース南西の観光スポットの一つで、メインの飼育動物は名前からも分かるように、オウル、つまりフクロウのようです。ホームページによると、他にもブタや羊、鹿、ロバなどたくさんいるようです。ビッグレッドのご冥福をお祈りします。

【英文記事】Death ends beefy steer's reign as world's biggest
【参考サイト】The Owlcatraz animal sanctuary

| | Comments (165) | TrackBack (1)

04/17/2004

スコットランドの床屋さん「ちょっとだけよ」

topless1040417.jpg今週、スコットランドのペイズリー市で初めての「トップレス床屋」が開店する予定だったが、女性に対する性差別だとの声が大きくなったため、開店が遅れている。

”Bit Off The Top(上だけ・・ちょっとだけよ)”と、いかにもな店名と、そのサービス内容で、スコットランドの女性の権利保護団体から開店を猛烈に反対されている。また、このトップレス床屋計画が持ち上がった時から、町中で論議が続いていた。

客は£25(約4800円)を払って女の子を選び、髪を切ってもらうか、個室でマッサージしてもらうかを選択することができる。先週、この「ちょっとだけよ」のオーナーが、店の看板にトップレスの女性を掲載したところ、これも猛反対に合い現在は看板のデザインも見合わせている状態だとか。保護団体のサンドラ・ホワイトさんは「トップレスの女の子に髪を切らせるなんて、女性に対する侮辱だとしか思えない。」と、怒りを隠せない。

そんな議論が飛び交う中、お店側は、「予約はもうたくさん入ってきている。このトップレス床屋はあくまで”害のない一種の楽しみ”を演出する場所。もっと人気が出ることを期待している。」と話している。

もはや髪を切るという目的が薄れてしまってます。でも気になる・・。

【英文記事】Women plan to protest as topless barber shop opens

| | Comments (93) | TrackBack (8)

04/16/2004

ブタバルーン盗まれる

3007041.jpgアメリカ、フロリダ州にて、大きさ約7mのブタのバルーン(写真)がこの水曜日の夜に盗まれてしまった。

このブタバルーンは、第24回ブタの丸焼き祭の記念オブジェクトとして展示されていたもの。イベント管理会社はこのバルーンがあろうと、なかろうと丸焼き祭はスケジュール通りに進行するとの事。盗んでいった犯人に対して、「何も聞かないから、このブタバルーンをどこかに置いて、返して欲しい。電話で場所を指定してくれれば、そこまで取りに行くから。」とコメントしている。新聞や、テレビのニュースで犯人に呼びかけているが、残念な事にまだ何の連絡もないそうだ。

盗むの結構大変だったと思うのですが・・。早く返してあげてください。

【英文記事】Giant Pig Stolen From Easter Seals Camp

| | Comments (89) | TrackBack (1)

04/15/2004

新アクセサリ「フィンガーアーマー」登場

f1_1.JPGオークションサイトeBayにて、指に付ける"フィンガーアーマー・中世の騎士(写真)"と呼ばれるアクセサリーが出品されている。

出品者の説明によると、「何かを掴むときにこれほどインパクトのあるアイテムは他にないでしょう。」との事。綺麗に磨かれたシルバー真鍮製で、新製品だとか。3箇所が可動(折り曲げ可能)するので、普通に指を曲げるのも何の支障もなくできるようだ。入札も現在かなりあるようです。

99_1.JPGまた、出品者の他の作品も捨てがたい物が紹介されている。「フィンガーアーマー・スターウォーズ・ヨーダの爪」と題されたこちらの商品はなぜか入札ナシ。こちらもすごいインパクトだと思うのですが・・。

最初の「フィンガーアーマー・中世の騎士」は商品化できそうなアイデアかも。でも、入札のないヨーダの爪の方がインパクトは大です。刺されそうです・・。

【英文記事】Medieval knight finger armor
【英文記事】YODA Star Wars! FINGER CLAW RING
【参考記事】目にピアス(AZOZ BLOG内)

| | Comments (91) | TrackBack (1)

バットモービルがリコール

batmobile1040415.jpg2003年6月から、今年2月まで日本でも発売されていた「バットモービルのおもちゃ(写真)」に、メーカーである米マテル社より4月14日(現地時間)リコール請求があった。

理由は後部のウイングが鋭いために、子供がケガする恐れがあるためとの事。マテル社は「すぐに子供の手の届かない所へ置いてください。お買い上げのお店、またはフリーコールにお電話いただければ代わりの”安全なウイング”を無料で差し上げます。」と発表している。

現在までに、ひっかいた、すりむいた、刺さった等の軽いケガ報告が14件。医者にかかる必要がある程のケガをしたとの報告も4件寄せられている。

アメリカ国内で対象となるのは、2003年6月〜2004年2月に大手デパートやおもちゃ屋さんで販売された314,000台。バットモービルからバイクが取り外しできるタイプのもので、大きさは約50cm、裏に型番がB4944と書かれている。

日本でも発売され、すでに完売(楽天)になっています。たくさん買った人がいるはずなので、日本でもマテル社から何らかの発表があると思います。でも、見るからに小さい子供には危険すぎるウイングだと思うのですが・・刺さりそう。

【英文記事】Batmobile Toy Warning Issued
【参考サイト】マテル社バットモービル(楽天市場)

| | Comments (90) | TrackBack (1)

04/14/2004

未放送トリビアネタが米紙に掲載・その結果

以前4月1日に書いたエントリ、未放送トリビアネタが米紙に掲載のトリビアが本日放送されました。

結果は81へぇで、なんと「金の脳」でした。いやぁ、待った甲斐がありました。実際に放送された再現フィルムは演出が上手で結構面白くできあがっていました。

| | Comments (93) | TrackBack (0)

アメリカATMの新たな犯罪手口

atm1040413.jpgアメリカ、テキサス州立大学内の警察が、現金自動支払機(ATM)からカード情報を盗む新たな手口を発表した。

この手口はATMのカード差込口にカード番号を読み取るアタッチメントを直接取り付けてしまうというもの(写真)。外観的にも違和感が無く、知っていないとまず気付かない。もちろん何の支障も無くATMが使用できてしまう。

犯人は近くに車を停め、このアタッチメントから送信されてくるカード番号を控えておく。あと必要なのはこのカード番号に対する暗証番号だが、これも小型のカメラを気付かれないようにすぐ横の広告入れに取り付けて、客が押しているボタンを盗み見るという方法だ。

atm2040413.jpg
こちらがカード差込口にアタッチメントを取り付けた状態のATM。ほとんど違和感はないのだけれど、カードを入れた瞬間に番号を盗まれてしまう。


atm3040413.jpg

暗証番号は広告入れの死角になる部分に小型カメラを取り付けて盗み見る。これは最も簡単な方法らしい。


atm4040413.jpg

これをプッシュボタンを見下ろせる位置にセッティングする。左側の広告入れの死角にカメラがある事は、まず気付かれない。


これで準備完了。車の中に座っているだけでカード番号と暗証番号を得た犯人は、すぐに偽造カードで被害者の口座から現金を引き出すというわけだ。警察はこのアタッチメントが装着されているATMを見かけたら、すぐ連絡をするようにと話している。

日本とは違うタイプのATMですが、何も知らなければそのまま使ってしまいそうです。

【英文記事】Bank ATMs Converted to Steal IDs of Bank Customers

| | Comments (212) | TrackBack (6)

04/13/2004

空飛ぶミニクーパー

balloon.jpg駐車するのにあまり苦労しない事で知られるミニクーパーだが、実は駐車場が必要ないという事が昨日判明した(記事意訳)。

ニュージーランドのハミルトン市にてちょっと変わった熱気球が空に浮かんだ。アメリカの熱気球愛好家であるブライアン・ボーランドさんは、気球の下に付いているカゴを外して、そこに1969年製ミニクーパー850cc(581kg)を取り付けた。ミニクーパーに乗ったまま大空に舞い上がったブライアンさんは、そのバランスと効率の良さに思わず窓からグーサインを出して大満足。とても気持ちの良いフライトを楽しんだ。

ブライアンさんは、「今までミニクーパーで空を飛んだ人はいないと思ってやってみたんだ。」と話している。この水曜日に近くのワイカトの街で、「熱気球フェスティバル」が開催される予定だ。

気持ちよさそうです。ミニクーパーは話題の多い車だなぁ。

【英文記事】Balloonist goes up in a Mini
【参考サイト】Balloons Over Waikato
【参考記事】イギリス発すごいロボット発見(ミニクーパーネタ)

| | Comments (5943) | TrackBack (4)

04/12/2004

全財産をルーレット一回に賭ける男・その結果

ashley22.jpg全財産をルーレット一発勝負に賭けたアシュリー・レベルさん(32歳)が、昨夜ラスベガスのハードロック・カジノで見事勝利した。(詳細はこちらの記事を参照してください。)

運命の夜、レンタルのタキシードを着たアシュリーさんは、友人、家族の見守る中、ルーレット台の前に座った。静寂の中、ルーレットは回されボールが投げ入れられた。彼は静かにすべての財産(約1500万円)を「赤」に賭けた。周りはこの瞬間から大騒ぎ。

やがて、ボールは「赤の7」に入った。この瞬間、勝利が確定し、彼は$270,600(約3000万円)を手にした。

アシュリーさんは、「全てがあっという間だった。気付く前にルーレットが回っていた。僕を支えてくれた家族や友人達のおかげです。それにもし僕が負けていても、僕には帰る家(実家)があったんだ。」と取材に答えた。

また、アシュリーさんの父親は「まだ私は息子のやった事には反対だ。こんな事、決してやるべきではなかったんだ。私は子供達にギャンブルはするなと教えてきた。ところが、他の子供達4人までがアシュリーと同じ事をしたいと言い出した。」と困惑気味だ。

勝利はしたものの、アシュリーさんは「もう二度とギャンブルはごめんだよ。」と記者に話している。

たくさんのコメント、トラックバック有難うございました。結果は「赤」で、僕の賭けはハズレでした・・。この成功で、同じような事をやってみようという人がこれから出てくると思います。すでにアシュリー家の他の子供達はやる気でいるようです。お父さんも大変ですね。

【英文記事】Briton bets all on red -- and wins

| | Comments (131) | TrackBack (21)

04/11/2004

おもちゃに1億4600万円の入札

01215_s.jpg7歳の少年がeBayのオークションサイトにて、「パワーレンジャーのロボットのおもちゃ」に£750,000(約1億4600万円 )の値段を付けて大騒ぎになった。

ジョセフ・アダムス君(7歳)は、お母さんのパスワードを使ってただのおもちゃにとんでもない額の入札をしてしまった。もちろん出品者は仰天ビックリ!!で、すぐにアダムス君に落札決定となった。事の顛末を知った母親のスーザンさんは「アゴがはずれて、床に落っこちるくらいびっくりした。もう、目の前真っ暗で、おもちゃのために家を売ることになるかもしれないと思った。」と話している。

困ったスーザンさんは出品者に全ての事を説明してキャンセルを申し出た。幸運にも出品者にこの事態を理解してもらい、史上まれにみる高額の落札は無かった事になった。結局、この「パワーレンジャーロボ」は別のファンに£61.03(約12,000円)で落札された。

アダムス君はこっぴどく怒られたとか。出品者がキャンセルしてくれなかったら、どうなっていたのでしょうね。

p_rangers.jpg
↑こちらが約1億4600万円の値が付いたパワーレンジャーロボ

【英文記事】Joe, 7, bids £3/4m for Power Ranger on
【参考サイト】パワーレンジャーホームページ

| | Comments (162) | TrackBack (3)

ドイツのデブ猫、悲しいダイエット生活

see_bigcat.jpgドイツ発、歩くのがやっとのデブ猫でご紹介した太りすぎの猫ミケッシュ君(写真)の「その後」がロイターに記載されていました。

ベルリンの動物保護センターで、厳しいダイエットを現在も続けるミケッシュ君。でも、以前の飼い主は「あんなにデブになってしまっては、もう手におえない。」と、愛想をつかして去っていったとの事。こんなに太ってしまったのは、この飼い主のせいなのにひどい話だ。

現在は新しい飼い主を募集しているらしいが、やはり「デブすぎる」という理由でまったく見つからないようだ。なんとも悲しい話だけれど、まずはダイエットを成功させる事が先決かもしれない。

前の写真より太ったように見えるのだけど・・ミケッシュ君。

【英文記事】Fat Cat Hunger Strike After Meat-Feeding Owner Goes

| | Comments (98) | TrackBack (1)

04/10/2004

全財産をルーレット一回に賭ける男

Ashley.jpgあるイギリス人男性が今週日曜日(4月11日)に、ラスベガスのカジノ(ハードロック・カジノ)で全財産を賭けてルーレットの一発勝負をする事になった。

無謀とも言えるこの男性はアシュリー・レベルさん、32歳。この日のために着ている洋服まで全財産を売り払ってしまったと言う。このため日曜日には、タキシードをレンタルして登場する予定だとか。そうして得た現金総額約1500万円全てを、ルーレットの『赤か黒かどちらかの出目』に賭ける事になっている。ディーラーが投げたボールが、アシュリーさんが賭けた色のマスに入れば配当金は2倍。ハズレなら全財産を一瞬にして失う事になる。まさに赤か黒かの二分の一の確率で、彼の運命は決まるのである。

この模様はイギリス、スカイ・ワンテレビが生放送する予定になっており、同社のホームページで「アシュリーさんは赤、黒、どちらに賭けるべきか。それとも止めておくべきか。」のアンケートが行われている。もちろん、スカイワンテレビは彼に対して出演料(ギャラ)は一切払わない事になっている。ハズレの場合、本当にアシュリーさんは無一文になってしまうというわけだ。

取材に対し、アシュリーさんは「まだ赤、黒、どちらに賭けるか決めていないんだ。どっちかは当たりで、どっちかはハズレなのは決まっている事だから。」と話している。もし当たったら、そのお金でもう一回やりますか?との質問に対しては「いや、勝ったらお金をもらって終わりにするつもり。二度目はないよ。」と答えた。

日曜日(日本では月曜日未明)に運命は決まります。結果はスカイワンのホームページか、「アシュリーの2倍か文無しか!」と題された公式サイトに掲載されると思います。僕は『黒』に賭けようと思います。ドキドキしてきました。

【追記】4月11日(現地時間)結果がでました・・こちらからどうぞ。

【英文記事】Betting It All on Vegas Roulette Spin
【参考サイト1】スカイ・ワン・テレビジョンUK
【参考サイト2】The official Double or Nothing Website
【参考サイト3】Hard Rock Hotel&Casino,Las Vegas

| | Comments (291) | TrackBack (24)

04/09/2004

「宇宙人に誘拐される街」トップ40発表

aliens.jpgイギリスのUFO研究家が、『イギリス国内で、どこに行けば一番宇宙人に誘拐されやすいか』という研究をし、そのトップ40の場所(拡大地図は英文記事内にあります)を発表した。

この研究家はすべてのUFO目撃情報と、エイリアン(宇宙人)との遭遇情報を収集し、分析を行った。結果、イギリス国内で最も宇宙人に遭遇、または誘拐されやすい場所はラナークシャー州のボニーブリッジ市であると結論した。また第2位には南部のクレイ・ヒル市であるとしている。ボニーブリッジ、クレイヒルは、どちらも郊外の田舎町だが、都市部の町もトップ10に入っている。現在ではエイリアンやUFOは都会でも、田舎でもよく目撃されているという事だ。

この分析を発表したUFO研究家ニック・ポープさんは、「まだまだ、噂になっているだけの目撃情報も調査しなければならない。それに、こういったUFO関係の情報を持っていても、どこに報告してよいか分からない人達の情報もある。そういった埋もれた情報を統計しなければ正確なランキングは完成しない。しかし、今回発表したトップ40の場所は、間違いなくエイリアン達が活発に活動している地域であることは間違いない。」と話している。

現在までに、イギリスでは約4万人、アメリカでは約400万人が地球外生命体(エイリアン・宇宙人)に誘拐されたと言われている。

すごいトップ40ですね。イギリスのニュースって冗談と、本気の境目が見分けにくいです。でもこの発表はすごくマジメなんでしょうね。

【英文記事】Alien abduction hotspots

| | Comments (285) | TrackBack (3)

04/08/2004

目にピアス

eeeyew.jpgボディーピアスやタトゥーが人気となっているが、オランダでは「目にピアス」が最新のトレンドとなっている。

これは医者が約3.5ミリのジュエル・アイと呼ばれるハート型や、半月型のパーツを患者の目に埋め込むタイプのピアス。一回の手術時間は15分程度で、費用は約14万円だとか。何の痛みも無く、将来的に副作用もないとされている。

目に埋め込むという事にちょっと違和感を覚えるが、眼科医であるジェリット・メレス氏は「ボディーピアスよりちょっと繊細なだけです。それにほんのちょっと面白くて、とっても個性的なのがアイ・ピアスなのです。」と、簡単さをアピールしている。

現在この「目にピアス」の手術は大人気で、順番待ちとなっている。

確かに人気が出そうです。でもやっぱりちょっと違和感が・・痛そうです。

【英文記事】Eeeyew!!!!

| | Comments (100) | TrackBack (19)

ゲームしている医者は手術が上手

63game.jpg一週間に3時間以上ビデオゲーム(プレステ等)をしている医者は、ゲームを全くしない医者に比べて、腹腔鏡治療を行う際、ミスする確立は約37%少なく、治療時間も約27%早く終えるという興味深い統計が発表された。

腹腔鏡治療というのは、超小型内視鏡を皮膚から挿入して、ジョイスティックでカメラをコントロールしながら内臓の様子を見る治療。この発表を行ったDr.ジェームス・ロッサーは、内視鏡操作は「約60センチの箸で靴紐を結ぶようなもの」と話している。

また、ウィスコンシン州立大学で”ゲームが人体にどういう影響を与えるか”を研究しているカート・スクワイアさんは、「ゲームをする事で、装置のコントロールを直感的に理解するだけでなく、指先のわずかな感覚や、タイミングを覚える事ができる。」と、この発表に興味を示している。もちろん腹腔鏡検査以外の手術においても、指先の技術は必要とされる為、ゲームを楽しむことはこれからの医者に必要な事かもしれないと他の研究者達も述べている。

ドクター・ロッサーは『TOP GUN(トップガン)』と呼ぶコースを開設。そのコースの中では教え子達に、手術室に入る前にビデオゲームをさせている。彼は「医者もフットボールの選手も同じだよ。本番の前にはウォーミングアップしなきゃね。」と話している。

是非、日本のお医者様にもゲームをどしどしやってもらいたいですね。財前教授はゲームマニアだったに違いないと思います。

【英文記事】Surgeons Who Play Video Games Err Less

| | Comments (487) | TrackBack (15)

04/07/2004

日本発、ほぼ等身大美少女PC

diy01.jpg写真の女の子フィギュアは何を隠そう、ディスプレイとキーボードを繋げればきちんと動作する正真正銘のパソコンなのです。

日本の松村克也さんという方が自作されているのですが、海外サイトで「こんなパソコン見たことあるかい?びっくりしたぜ!すごいなぁ!」と、盛り上がっていたので紹介させていただきます。松村さんのサイトには英語バージョンも用意されており、そのページが海外で紹介されていました。今回は、海外ネタ??とはちょっと違うのですが、あまりにも素晴らしいアイデアなので・・・あえて、掲載させていただきました。

リンク先では、「かなちゃん(このフィギュアの女の子の名前です)」の組み立ての様子と、ディスプレイに繋いだ写真などがあります。ホント、すごいですね、松村さん。常識を突き破ったデザインのパソコンだと思います。

かなちゃんが横に座っていると、緊張しそう....._| ̄|○

【追記】
松村さん、リンクの件、快くご承諾いただいてありがとうございました。

【英文記事】ERN005-PC (KANA)

| | Comments (348) | TrackBack (14)

円盤型飛行機登場

sou.jpgロシアにて、円盤型の新型無人飛行機が発表された。もともとはロシアで1992年に企画されていた飛行機だったのだが、資金面でのサポートが厳しくなり、開発はいったん打ち切りとなっていた。

その後、紆余曲折はあったものの、12年の時を経て漸くお披露目になった。無人操縦なので地上基地に居ながらにして様々な情報収集を行うことができるのはもちろん、森林火災の消火や、油田等でのオイルラインの監視等にはもってこいの機体だと言われている。今まで行けなかった場所等も、調査できるようになるだろう。

この飛行機の開発責任者であるアレクセイ・コノバロフは、「この円盤型無人飛行機には長い滑走路も必要ない。砂漠の上にだって着陸できる。それよりも僕が強く言いたいのは、航空機設計上、長年に渡り問題になっていた”振動”を、一番効率よく制御できるデザインがこの円形の機体なんだよ。」と話している。

今後のプランとしては、2007年まで様々なテストを行った後、それから5年のうちに大量生産する予定だとか。つまり最短で2012年にはこの円盤が世界中のいろんな場所で浮遊している可能性があるということだ。

記事にはあまり詳しい事は書かれていません。飛んでいるのを見てみたいですね。でも、こんなのが街中でふわふわ浮いているのを想像すると、まさにターミネーターの未来都市みたい。タバコのポイ捨てとかしたら、撃たれそう。

【英文記事】Russian “Flying Saucers” to Grace American Skies

| | Comments (909) | TrackBack (48)

04/06/2004

ドイツ発、歩くのがやっとのデブ猫

bigcat.jpgベルリン動物保護センターが、体重が普通の猫の6倍で、自分の力では4歩以上は歩けないほど太った猫を保護したことを伝えた。

ミケッシュ君(6歳・オス)は白黒の猫で、なんと体重18.5kgもあるという。飼い主の話しによると、毎日約2kgのひき肉を食べさせていたとの事。平均的な猫は体重6kgくらいで、えさは一日に300グラム以上与えない方が良いとされている。

保護センターの獣医であるカリン・バーテルさんは「この体重では関節、心臓への負担が大きすぎる。3,4歩あるいただけで、動けなくなる。もちろんその時点で心臓はもう限界。まともに息もできなくなってしまう。」と話している。

現在ミケッシュ君は、保護センターで体重を減らす為、ハードなダイエット中。
ちなみにギネスブック認定協会の記録では、報告されている最も太った猫の体重は18.55kgとか。あと、50グラム太っていれば世界一だったのに・・おしいなぁ、ミケッシュ君。

写真を見ると、貫禄抜群の寝姿ですね。

【英文記事】Fat cat squeezed into German animal home
【参考記事】ドイツのデブ猫、悲しいダイエット生活(AZOZ BLOG内)

| | Comments (88) | TrackBack (2)

04/05/2004

暴力家族に一軒家プレゼント!!

family_poo.jpgオーストラリアのシェパートン市で、付近の住民達に反社会的な行動(暴力、悪言、脅し)を行い、多大な恐怖を近隣住民に与えてきた家族(写真)に、政府より庭付きの家(推定2000万円)が無償で与えられた。

市の生活保安課が、この家族に対して現在住んでいる場所からの強制立ち退きを命じたわけだが、「近隣家族の安全のため、この家族の住んでいる所から300メートル以内に他の人の住居があってはならない。」と基準を定めたため、この条件にピッタリなこの家が与えられたというわけ。なんと、庭付き、車庫つき。庭には”やしの木”が植樹されている。一体どんな反社会的な行動をすれば、こんな立派な家がただでもらえるのだろう。

この家族がご近所さんにずっとしてきた嫌がらせ等は次の通り。

●子供1●
1)レイプするぞと脅す。
2)文句を言ってきた人を殴る。
3)ストーカー行為
4)他人の家に物を投げつける。
●子供2●
1)近所の人の顔を缶で殴りつける。
2)無免許運転
●子供3●
1)万引きしまくり。
2)殺すぞと他人を脅しまくり。
3)薬物乱用
4)ストーカー行為
5)隣人の家にレンガやレモンを投げつける。
●母親役のイレイニ・スコットフォード●
車で隣人達をひき殺すふりをする。隣人達は怖くて歩けない。

とんでもない家族だ。また、父親のケビン・スコットは酒の飲みすぎで、すい臓に重い病気を患っているため、仕事できない体との事。このケビンを取材した記者に対して、「市や警察は付近の奴らに仕返しされる前に、どこかへさっさと出て行けって言うのさ。だから、言ってやったのさ。まぁ、牧場の一軒家でもくれたら、子供達の教育上も良いから考えてやるってね。」と話した。

結果、希望通りの家を無料でプレゼントされたのに、あろうことか記者に対して「市は俺達を追い出した」と不満を訴えたとか。

この事実に対して市民からは、「悪いことばっかりしてるやつに市は家という賞品をあげるのか。」、「税金であんなやつらのために家を買ってやるなんて!!」と怒り爆発の声が殺到している。

まさしく税金の無駄遣いな気がします。これで問題が解決したとは思いません。子供達が大人になったらどうなるのでしょうね。

【英文記事】Pests get free home

| | Comments (86) | TrackBack (4)

04/04/2004

枕の下に拳銃を置いて寝たら撃たれた

22cal.jpgワシントン州のグラナイトフォールズという町で、ある男が護身用にピストルを枕の下に置いて寝たところ、朝になって自分が撃たれている事に気付き、自分で警察に通報していたことが明らかになった。

男は拳銃(カリバー22)を先週木曜日の夜に、自分の枕の下に置いて就寝した。ところが、朝になって自分の胸が撃ち抜かれている事に気がついた。事実、拳銃は引き金が引かれていたようだ。この男は「目覚めるまで撃たれている事に全く気がつかなかった。」と話している。彼は自分で警察にエマージェンシーコールをした後、庭先に出て救急車を待っていたという。理由について、保安官は「枕が衝撃を和らげた為、分からなかったのでは。」と話している。

こんな事ってあるのでしょうか。血も出ただろうし、痛みもあったのではと思います。撃たれ所が悪く命を落としてしまっていたら、こんな情けないことはないですね。

【英文記事】Pistol under pillow shoots sleeping man

| | Comments (178) | TrackBack (4)

宇宙ステーションで謎の金属音

iss_stock0403.jpg国際宇宙ステーションに搭乗中の宇宙飛行士が、計器パネルの辺りから原因不明の金属音がしたと報告している。

実は昨年11月にも同じ場所周辺から金属音が聞こえた事が報告されており、今回で2度目になる。搭乗している飛行士アレキサンダー・カレリとマイケル・フォアレは「まるで金属のドラムを叩いているような音だった。」とか、「金属の板をバキバキと曲げるような音だった。」と話している。NASAの技術者はステーションの外壁に何かがぶつかったのではないかと考えているようだ。また、計器類やコンピューター類に異常は見られないので、内部故障の可能性は低いとの事。いずれにせよ、飛行士達にも管制官達にも本当の原因は分かっていない。

カレリとフォアレは、今年2月に問題の音がした場所の外壁を調査しようとしたが、宇宙空間に出て間もなく、スペーススーツがオーバーヒートして調査を中止したため、十分に調べる事ができなかった。

この二人のステーション生活はあと2週間と少しで終了し、別の宇宙飛行士と交代となる。

原因不明の音・・安全上、究明して欲しいと思います。今後のNASAの発表に注目するつもりです。

【英文記事】Metallic sound heard again by space station crew
【参考サイト】NASA: International Space Station

| | Comments (100) | TrackBack (2)

04/03/2004

謎のセレブが脱いだ!!!

とてつもなく面白いサイト、eBaum'sworldからフラッシュネタを一つご紹介。まずは下の写真を見て下さい。男性なら他の部分も見たいですよね!!

リンク先では「Click Here To See The Rest NOW!」をクリックすれば続きが見れます。

celeb.jpg
ここからどうぞ(*^^*)ポッ

音付きですので、音量に注意してくださいね。最大ボリュームでご覧になると、ご家族等、近くにいらっしゃる方がびっくりしてあなたの所へやって来るでしょう。最初は一人でこっそり見ることをオススメします。ただし、無音で見ると、面白さ半減です。一発ネタですが、かなり気に入ってしまったフラッシュです。

| | Comments (104) | TrackBack (2)

空飛ぶ子ブタショー開催さる

lthumb01.jpg4月2日から15日までシドニーで「Royal Easter Show(農業感謝祭)」が開催されている。この期間の目玉イベントである『空飛ぶブタショー』が大人気だ。

子ブタが高さ約3メートルの特別に作られたジャンプ台から、下にあるプールに飛び込むというもの。次々と飛び込むブタに拍手喝采の人気イベントである。取材したデイリーレコードの記者によると、「ブタが飛ぶというあり得ない光景を見て大いに盛り上がることが、落ち込んだ人や農業に飽き飽きしている人には良い刺激となるのでは。」とコメントしている。そんな疲れた人ばかりではないと思いますが、確かに大騒ぎできそうな企画だと思います。

PETAから抗議が来そうな感じがしますね。飛行距離?を競うのではなく、単にブタが飛ぶのを見て楽しむだけのイベントのようです。

【英文記事】PIGS MIGHT REALLY FLY AND HERE IS THE PROOF
【参考サイト】Sydney Royal Easter Show
【参考記事】トイレの水を飲む女性(PETA関連記事)

| | Comments (16) | TrackBack (0)

04/02/2004

eBayにプログラマー(人間)が出品されている!?

9e_2.JPG問題になるのではと思うのですが、今回はeBayに「気難しいプログラマー」が出品されている。多分実在している人の写真が掲載されています。

出品された日付が4月1日で、エイプリルフールネタなのですが、ちょっと度が過ぎたいたずらですね。実際には落札者に、出品者の上司のサイン入り写真が送られるそうです。以前に少女が売りに出されたりして大騒ぎとなっているので、eBayが企画したネタではないと思います。一般人からの出品でしょうけど、eBay側に見つかり次第、削除されそうなネタです。『Cow-orker』と題されていて、「牛の様なのろまな奴」という皮肉な意味と、「co-worker」(協力者、一緒に働く人)という二つの意味を持つ造語を商品名にしています。

出品者からの注意点は、「こいつはいつも武器(拳銃等)を持ち歩いている。だから、落札者はこいつに抵抗してはいけない。こいつの言うとおりにしろ。さもなくば、大変な事になるぞ!!」と書かれている。

現在残り時間6日と数時間。1セントからスタートしたこのオークションは現在、15の入札があり、$38の値段が付いている(日本時間4/2 pm10)。

Continue reading "eBayにプログラマー(人間)が出品されている!?"

| | Comments (199) | TrackBack (2)

イギリスのスピード違反取締り新兵器

cvb01.jpgイギリス警察では、この度、増え続けるスピード違反取り締まり用の新兵器を発表した。

この新兵器はタカに小型カメラを取り付けたもので、よく訓練されたタカは高速道路の上を飛行。常に映像を警察のモニターに映し出し、スピード違反を監視するとか。イギリスのBBC放送によって野鳥取り付け用に特別に開発されたこの超小型カメラは、車のナンバープレートまで鮮明に判別することが可能で、定点測定によるスピード違反判定も瞬時に行うことができる。

cvb03.jpgこの新兵器はホークアイと呼ばれ、オックスフォード郊外の高速道路でテスト飛行させてみたところ、大成功だったとイギリス警察は発表した。また、ハイウェイパトロール部隊所属のスコット巡査は「これはすばらしい新兵器です。」とこれからの取り締まり強化に期待を寄せている。

市民の反応は、「まるでタカに狩りをされているようだ。」とか、「こんなくだらないアイデアなんて、ホントに鳥の脳味噌程度の陳腐なものだ。」と、あちこちで大不評のようだ。

覆面パトカーより”タカの目”の方が厳しいですよね。夜はどうするんでしょう?

ということで、お気づきだと思いますが、イギリスの大衆紙「THE SUN」が発表したエイプリルフールネタです。元ネタページは一日限りの公開だと思うので、リンク先が近いうちに切れる可能性大です。

わざわざこの日のために写真まで撮ったりして、いかにもイギリス人らしい手の込んだジョークですね。

今日は日刊ココログ・ガイドに掲載予定の日です。初めてきていただいた皆様もいらっしゃると思うのですが、いきなりの大嘘ネタ・・・。皆様、他の記事は嘘ではありませんので(嘘っぽいのはありますが)、怒らずに読んでいってくださいね。どうぞよろしくお願いします。

【英文記事】The long arm of the claw

| | Comments (125) | TrackBack (3)

04/01/2004

未放送トリビアネタが米紙に掲載

hehbutton.jpgフジの人気バラエティー番組、「トリビアの泉」で4月中に放送される予定のネタが早くもアメリカの新聞に掲載されていました。未放送なネタなのですが、公開させていただきます。

多分トリビアの内容は、「アメリカのユタ州では、選挙で立候補者の得票数が同数だった場合、サイコロで一番大きな数を出した人を町長とする。」・・みたいな感じだと思います。いつもトリビアを実践するVTRが番組では流れますが、記事によると、実際にフジテレビのスタッフがユタ州で再現フィルムを撮影したようです。

やり方はいたって簡単で、2つのサイコロを振って、合計数が多い方を町長とするルール。町長選で同数の票を得たマーク・アレンさん(現職町長)とロバート・ガーサイドさんは、スタッフに「ホントに真面目な顔でやってください。」と頼まれて、用意された約60センチのサイコロ2つを振って当時の様子を再現した。

実際(ホント)の町長選は昨年11月の事だったが、その時の結果はアレンさんが4と1を出して5。ガーサイドさんは2と2で4。結果、アレンさんが勝利。3期目の町長の任に就くことになった。

今回の再現フィルムではアレンさんが6と4で10。ガーサイドさんは1と1で2となった。この結果にガーサイドさんは「また負けちゃったよ。」と失笑した。

思いっきりネタバレですね。実際の町長を出演させたのだから、記事にもなってしまうでしょう。このネタを投稿された方、採用決定したって事ですね。おめでとうございます。さて、このトリビアは「何へぇ」でしょう。放送が楽しみです。

【追記】
4月14日にこのトリビアが放送されました。結果はこちら

【英文記事】Utah town's mayoral bids earn Japanese TV spots
【参考サイト】フジテレビ トリビアの泉

| | Comments (876) | TrackBack (3)

« March 2004 | Main | May 2004 »