06/11/2004

サイト移転のお知らせ

いつもこのサイトを見ていただいている皆様、どうもありがとうございます。突然のご連絡なのですが、サイトを移転することになりました。

新しいサイトは → AZOZ BLOG になります。

更新は上記アドレスのサイトにて今までどおりに行っていきます。

移転に関してはエントリは移行したものの、今までにいただいたトラックバックやコメントはまだ未完了です。追々移していく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

「お気に入り」等にこのサイトを登録していただいている方は、大変お手数ですが新URLの方へ変更をお願いします。また、マイブログリスト、ブログピープルにおけるサイトのアドレス変更手続きは現在行っているところです。いずれ変更されますので、AZOZ BLOGのアドレスを変更していただく必要はありません。

さて、新しいアドレスではタイプパッドを離れ、movabletype を使用したブログになりました。ニフティさんのココログには大変お世話になりました。しかしながら、自由にカスタマイズするためには来月よりココログ・プロに変更しなければならず、有料プランで運営しなければなりません。

このためいろいろ悩んだ末、ドメイン取得による運営の方が安価だという結論にいたりました。慣れないmovabletypeの環境のため、そして時間的な問題のため、いまだに満足できる引越しができておりません。しばらくの時間猶予を頂きたいと思っています。どうぞご了承ください。

またこのココログのサイトですが、更新は行いませんが閉鎖はしません。コメント、トラックバックは新サイトの方へお願いいたします。

突然で申し訳ございませんが、どうぞご了承ください。
そしてこれからもAZOZ BLOGをよろしくお願いいたします。

管理人 eizo

| | Comments (0)

トイレしてたら大変なことに・・

04061102.jpg【ベラルーシ】
中で男性が用を足していたのを知らずに、泥棒がそのままトイレを盗むという事件が発生した。

泥棒達はとても手早く、慣れた手つきで公衆トイレをトラクター・トレイラーの上に運び上げた。全く不自然な雰囲気がなかったため、通行人もまさか泥棒とは思わなかった。しかし、たった一人、事の重大性に気付いた者がいたのである。そう、それは今まさに盗まれゆくトイレの中で用を足していた男性である。

この45歳の男性は、トラクターの荷台に乗せられて運ばれているトイレの中で、通り過ぎ行く街を見て驚愕。ドアを開けて逃げようとしたが、泥棒がトイレをロープで縛ってあったため思うようにドアが開かなかった。

やがて車の振動で縛ってあったロープが緩み、トイレから脱出に成功。この時トラクターは郊外の道を全速力で走っていたが、彼は荷台から飛び降りたのである。結果彼は鎖骨を骨折してしまった。

翌日警察に駆け込んだこの男性の供述により事件が発覚。盗まれた公衆トイレも隣町で無事発見された。

【PRAUDA】
Man sitting on the toilet, was kidnapped in Gomel, Belarus


| | Comments (3)

逆立ちで階段下り世界記録

04061101.jpg【ロシア】
今週水曜日(現地時間)、ロシアの男性が「逆立ち階段下り世界新記録」を更新するのに成功した。彼は787段の階段を約40分で下り切った。

記録を達成したのは、元サーカス芸人のニコライ・ノビコフさん。1996年にも同じ記録に挑戦したが、そのときは失敗し24時間体制で医師達のマッサージを受けたという。

今回彼は逆立ち中に胃の中身がひっくり返らないように、断食をして挑戦をした。ニコライさんは4歳から逆立ち階段下りを始め、何回かこけて落っこちたが運良く重症だけは免れてきたとのこと。「次はエッフェル塔に挑みたい」と話している。

【LOCAL 6】
Man Breaks Handstand Record


| | Comments (0)

06/10/2004

攻める運転は渋滞を緩和するのか

040610.jpg【コロンビア】
アグレッシブな運転は交通渋滞を緩和するという興味深いリサーチが発表された。この研究はコンピュータによるシミュレーションによって明らかにされたもので、南米コロンビアの首都ボコタが今回の対象都市となった。

コロンビア大学のL. E. Olmos氏と J. D. Munoz氏は「都市によって人々の運転スタイルは違うものなのです。また運転スタイルはその都市の特徴を表しているものなのです。」と話した。

そこで二人はボコタのドライバーが運転する車に乗せてもらい、彼らの「加速度合い」や「ブレーキを踏む距離」等のデータを収集した。そのデータをコンピューターに打ち込み、ボコタの道路状況を限りなくリアルに再現することに成功した。

人口700万人、自家用車も100万台を超える大都市ボコタで、なぜそんなに交通渋滞が少ないのかが疑問視されてきた。今回シミュレートされた”ボコタの運転特性”は、同じような都市状況のロンドン、ニューヨーク等、他の大都市の運転特性よりも、より攻撃的(攻める)特徴があることが判明。結果、攻める運転が渋滞緩和の原因になる可能性を示した。

ではボコタの人々はどうして荒々しい運転をするのか。これについて二人は、「ボコタでは公共交通機関や歩行者、自転車用舗道が整備される前、自家用車の使用は規制されていたのです。その規制がなくなり、束縛から逃れたドライバー達が思う存分、自由に道を走るからなのです。」と原因について語っている。

自由に運転できる環境になったが、統計によると、コロンビアでは6人に1人が交通事故が原因で亡くなっているとのこと。

【nature】
Bold motorists clear roads


| | Comments (4)

06/09/2004

定期的な性交渉は大学生に必要不可欠

サイト移転のため、記事はこちらです。

定期的な性交渉は大学生に必要不可欠 ← クリック

| | Comments (8) | TrackBack (12)

06/08/2004

宇宙人に支払う通貨

サイト移転のため記事はこちらです。

宇宙人に支払う通貨 ←クリック

| | Comments (8) | TrackBack (8)

精液入りのサンドウィッチを作るコック

サイト移転のため、記事はこちらです。

精液入りのサンドウィッチを作るコック ←クリック

| | Comments (6) | TrackBack (7)

06/07/2004

ウガンダ学生の主張「頼むからミニスカートはやめてくれ」

01040607.jpg【ウガンダ】
ウガンダのThe Mbarara University of Science and Technology(Mbarara科学技術大学)で、男子大学生のリーダーがクラスメイトの女の子に、「お願いだからミニスカートや、ピチピチのズボンを着て学校に来るのはやめてくれないか。」と嘆願し、同時に大学側にも訴え出た。

リーダーのジェフ君は、「女の子達はパンティラインがはっきり分かるようなピチピチズボンを履いていたんだ。それに上着はへそが見えちゃうくらい短いものを着ている。そんな洋服はダンス・クラブやバーに行くならいいけど、大学に勉強しに来るのに着る服ではないと思う。」と主張し、さらに、「そんな服装では、我々の大学のステータスを落としてしまうことになる。」と付け加えた。

道徳とは・・

学生部長エマニュエルさんは、「大学側の求める道徳は、彼女達が社会に出るにふさわしい服装をすることです。」と取材に答えた。

男子学生の要求は受け入れられ、現在この大学では「女性はへそが隠れる丈の服を着用し、ひざ下までの長さのスカートを履くように。そしてズボンはラインが分からないように余裕のあるタイプを着用すること。」と決められた。また、不適切な服装をしてきた女子生徒は、先生に呼び出しをされるとのこと。

学生リーダーのジェフ君は、「僕が今までやってきた学生運動は大成功だった。それに先生達は僕に何か賞をくれるみたいだ。」と喜んでいる。

【BBC】
Uganda students 'ban' mini-skirts
【PICK UP】
ミニスカートは男性社員の仕事の効率を低下させる? (Mt.EGE)
胸の谷間が見えて卒業式出席拒否された少女
へそ出しジーンズに腹を立てた少女が社長に直訴


| | Comments (3) | TrackBack (4)

06/06/2004

ホバーバイクでスーイスイ

02040606.jpg【イギリス】
一人乗りの”ホバーバイク”がイギリスで発表された。開発したのはジム・シャルマーさん(37)と、その仲間のピーター・ウィフィンさん(41)。

ガソリンエンジン搭載で、地上から少し浮き上がって走行し最高速は30mph(約48km)だとか。道路が濡れていようが凍っていようが自由に走行できるこのマシンへの期待は大きい。ジムさんは、イギリス中で大注目のアイテムになるのではと思っている。

取材に対し彼は、「普通のホバークラフトと同じ原理さ。別に秘密の技術やシステムなんてないよ。乗ってアクセルを回せば浮き上がって、すぐに出発可能さ。」と話している。

【The Sun】
Hovering over the roads


| | Comments (1) | TrackBack (0)

食べ物に関する噂20の真相

01040606.jpg【ロシア】
食物に関する噂、健康に良いとか、悪いとか・・。いろんな話がありますが、ロシアの栄養学者タチアナさんが、そんな噂の中から20を選び、「それは本当の話なのかどうか?」について考えを述べた。

噂1)青っぽい色をした牛乳はチョーク(石灰)で薄められている
嘘です。青っぽい色をしているのはコレステロールと脂肪が少ないからです。決して石灰なんか入っていません。栄養分は普通のミルクと変わらないので、ダイエット中の方が飲むのに最適です。なので、スキムミルクは青っぽい色をしていますよね。

噂2)賞味期限の長い牛乳は強い防腐薬を含んでいる
これまた嘘です。製造方法の違いによるものです。高温度精製をしているために賞味期限が長いのです。

噂3)熱湯消毒でミクロの病原菌を死滅させられる
そうとは言い切れません。ミクロの病原菌どころか、金属、殺虫剤、除草剤、硝酸塩、フェノール等々・・を除去することもできません。これでは完全に消毒できるとは言えません。

噂4)缶詰食品は健康に悪い
肉類の缶詰はそうかもしれません。ですが、魚類の缶詰は熱処理を長くしているため、魚の骨がとてもやわらかくなり、カルシウムが摂取しやすくなっています。

噂5)食後一時間以内に泳いではいけない
アメリカの赤十字が食後すぐに泳ぐと、胃痙攣を引き起こし、最悪の場合死にいたる可能性があると発表をしました。しかしこの発表は半世紀も前のもので、今では疑問視されています。なぜなら、今日では食後すぐに遠泳をする水泳選手がたくさんいるからです。

噂6)恋人ができると食欲がなくなる
恋人ができると男性は逆に食欲が出てきます。また調査によると、女性4人のうち1人は彼氏が出来ると食欲がなくなると答えています。

噂7)子供にはマッシュルームを食べさすと良い
子供用の食事には、よくマッシュルーム(きのこ)が入っていますが、子供はマッシュルームに含まれる蛋白質を処理する十分な量の酵素を生成できません。なので、きのこを少し食べただけで食中毒を引き起こしたりしてしまうのです。子供や老人にはマッシュルーム(きのこ)は良くありません。

噂8)きのこに含まれている毒素はボイルすれば消える
嘘です。きのこに含まれる毒素は高い熱耐性を持つものが多いので、熱湯で煮ても無毒にはなりません。

噂9)アルコールはきのこ中毒に効き目がある
逆に、中毒をもっと悪化させてしまいます。

噂10)脂ぎった髪の毛の人は脂肪分をあまり摂取してはいけない
脂肪というのは、どんな場合においてもあまり良いものではありません。脂肪を取らなかったからといって、あなたの髪の毛がすぐにサラサラヘアーに変わるとは思えません。

まだ続きます・・噂は尽きませんね・・

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (1)

«晩ご飯を食べていたら、家が真っ二つに!